リバウンドしないダイエット  スムージーで美容と健康補給

体重

ダイエットに挑戦したけれども、
途中でリバウンドしてしまった...

 

ある程度まで体重が落ちたのに、
減り方が止まってしまって体重が元に戻ってしまった...

 

ダイエットに成功はしたが、
うまく体重キープができない...など

 

ダイエットをする事で、
リバウンドについての悩みは尽きないですね。

 

このサイトでは、スムージーを使って
リバウンドをしない方法や予防法、
ダイエット成功後の体重やスタイル維持の方法を説明していきます。

 

当サイトおすすめのスムージーはこちら

リバウンドの原因

リバウンドをしないダイエットを成功させるためにも、
まずは、リバウンドの原因について説明していきます。

 

リバウンドとは、ダイエットを途中でやめたり、
目標を達成したことでダイエットをやめてしまったときに、
元の体重よりも増えてしまう事を言います。

 

このリバウンドは、ダイエット経験者のおおよそ60%くらいの方
経験をしていると言われています。

 

また、リバウンドを繰り返す事でだんだんと痩せにくくなり、
太りやすい体質へと変化していきます。

 

リバウンドの原因は、主にダイエットをやめて元の食生活に戻したところ、
体重が以前よりも増えてしまったというケースが多く上げられます。

 

これは、体の生命維持機能であるホメオスタシスの機能と
満腹感を感じさせるレプチンという成分から影響を受け、
ダイエット前の食事量に戻した事が体にとって、
栄養の過剰摂取の状態となってしまっているためにリバウンドをしてしまうというものです。

 

では、具体的にリバウンドの原因である、
ホメオスタシスの機能とレプチンの満腹感とはどういったものなのでしょうか?
まず、リバウンドをしないダイエットを実践する前に原因から見てみましょう。

 

トップへ戻る

ホメオスタシスの機能と停滞期

ダイエットを開始して1〜2ヶ月くらいたつと、
なかなか体重が減らなくなる「停滞期」に入ります。

 

「停滞期」に入っても根気よくダイエットを継続する事で>早い人で2週間、
遅い人だと1ヶ月くらいでまた体重が減り出す様になります。
この「停滞期」の原因が「ホメオスタシス」という体の機能によるものです。

 

ホメオスタシスは体に入ってくるエネルギーが少量となった場合に、
エネルギーの消費量減少させて体の生命維持をする機能。です

 

つまり、ダイエットのために食事制限をすると、
体に吸収できるエネルギー量が減るために、
ある一定の期間を経ると体の生命維持するために
省エネモードの機能が働いてしまって、エネルギーを使わなくなるということです。

 

この機能が働くと、食事量を更に減らしても
エネルギー消費量も一緒に減っていくので体重がなかなか減らなくなります。

 

これが停滞期の正体で、この状態では体重が減らないため、
ダイエットを諦めて食事量を戻してしまう方が多くいます。

 

しかし、停滞期に食事量を戻すと、ホメオスタシスの機能は働いた状態のままなので、
省エネモードの体に更にエネルギーを追加して溜め込む事になり、
使いきれない余分なエネルギーを脂肪として蓄積させ、
体重が増えてしまうという結果になります。

 

これがホメオスタシスの機能によるリバウンドの正体です。

 

ホメオスタシスの機能が働いて停滞期に入っても
約1ヶ月ほど諦めずにダイエットをを続ける事によって、
食事制限した状態の吸収できるエネルギー量が通常の状態でると、
体が認識する様になります。

 

そこで「ホメオスタシス機能」が働くのをやめて、
省エネモードを解除して通常モードにエネルギーの消費量が戻る事で
再度体重が減り始めます。

 

これらにより、ダイエットをして、体重が減り始めてから停滞期を乗り越えて、
安定するまでの期間は、約3ヶ月ほどかかることになります。

 

そのため、停滞期に入ってもダイエットを中止したりせずに
再度体重が減り始めるまでの1ヶ月間くらいは負けずに頑張って
リバウンドをしないようにダイエットを続けていきましょう。

 

また、停滞期に入りなかなか体重が減らないからと、
過度な運動や無理な食事制限を更に行うのは、体調不良の原因となるので気を付けて、
今まで通りのダイエットを根気よく持続していきましょう。

 

また、ホメオスタシスの機能は1か月間に体重が5%以上減ると働く仕組みになっているので、
短期間での急激な減量や無理なダイエットはリバウンドの原因となりやすいので、
なるべく控えるようにしましょう。

 

トップへ戻る

レプチンと満腹感

レプチンとは、脂肪細胞から分泌される成分で、脳の満腹中枢を刺激し、
食事をした後にレプチンが分泌されて、満腹感を得る事ができます。
食事をした後、お腹いっぱいに感じるのは、レプチンが満腹感を知らせているからです。

 

レプチンは体脂肪が多いと分泌量が増えます。
そうすると、体脂肪の人は満腹感を感じやすく、痩せやすいのでは?と考えられますが、
実は体脂肪が多いとレプチンを受け止める感度が鈍くなってしまうため、
満腹感をなかなか得られる事が出来なくなり、食べ過ぎていしまいます。

 

また、ダイエット中に食事を減らすと体脂肪が減っている関係から、
レプチンの分泌量も減るので、満腹感に変化が出てきます。

 

この状態で停滞期に入り、ダイエットを中止して、元の食事に戻しても
レプチンの分泌量が少ない為、満腹感が得られずに食べ過ぎて、
リバウンドをしてしまいます。

 

レプチンの量が減少しても約1ヶ月ほどでもとの分泌量に戻るので、
ダイエットを中止する場合は、リバウンドをしない様に、
約1ヶ月ほどダイエット中の食事量をキープして、
レプチンの量が元に戻る頃に少しずつ食事量を戻していきましょう。

トップへ戻る

リバウンドはスムージーで予防

ダイエットを始めると、最初の約2ヶ月は体重が減り、その後約一ヶ月間は停滞期に入ります。
体重が安定するまでに最低でも約3か月間はダイエットを続ける必要があり、
更に体重を落とすには、そこから3か月スパンで同じ様に体重が減る時期と
停滞期を繰り返していきます。

 

ダイエットを始めて停滞期に入る事で、
なかなか体重が減らない事から食生活が戻ってしまって
リバウンドをしてしまう事があります。

 

そのため、ダイエット中は1日の食事の中で1食だけをスムージーに置き換えたり、
小腹がすいて甘いものに手を出してしまいそうな時にスムージーに置き換えて、
過剰なカロリー摂取を抑え
バランスの良い栄養摂取と満腹感を得る事で、
厳しい停滞期を乗り越えて、リバウンドをしない様に予防していく事ができます。

 

当サイトおすすめのスムージーはこちら

トップへ戻る

スムージーはダイエットに最適

スムージーにはいろいろな種類やレシピがあり、
リバウンドしないダイエットに最適とされています。

 

スムージーは基本的にミキサーを使って毎回作る必要があるため、
毎朝手間をかける時間がない方や、出先などでスムージーを補給したい方は、
粉末と水や牛乳・豆乳などと混ぜて作れるこちらの簡単お手軽スムージーがおすすめです。

 

スムージーで使う材料は栄養価が高くビタミンA・C・D・E・B群、
食物繊維、ミネラル、アミノ酸などを効率良く摂る事ができます。

 

その豊富な栄養素から、ダイエットやデトックス効果、美肌効果に期待ができ、
「噛みながら飲む」事で満腹感も得られます。
食物繊維も豊富なので、便秘解消も期待ができます。

 

朝食との置き換えや、小腹が空いたら間食の代わりに摂ることで、
カロリー摂取を抑えてダイエット効果のほかに、
栄養摂取の安定化が図れることから肥満化やリバウンドの防止に効果を発揮します。

 

また、健康に良いからとスムージーを飲み過ぎてしまうと、栄養過多で太ってしまうので、
摂取量は多くても1日1Lくらいまでの目安として抑えておきましょう。

 

スムージーで最大限の効果を発揮するには、朝食をスムージーに置き換える事が最適で、
その前後40分は何も食べ無い事でスムージーの栄養をより効果的に吸収する事ができます。

 

野菜から摂れる栄養素は豊富ですが、
基礎代謝を左右するタンパク質などの必要な栄養摂取の為にも、
3食全てスムージーではなく、昼・夜はダイエット中に必要な栄養を補うためにもバランスの整った食事をする様に注意しましょう。

 

トップへ戻る

スムージーダイエットの注意点

スムージーダイエットの基本は、健康的に痩せる事を目的としています。
その為、健康に良いからと果物や糖質の多い材料を入れ過ぎない様に注意しましょう。
また、飲みやすいからと摂取をし過ぎたり、
他の食事と一緒に摂ってしまうとダイエットにならなくなってしまうので、気をつけましょう。
スムージーの前後は40分ほど食事をしない方が栄養の吸収率が上がり効率的になります。

 

スムージーの栄養は健康的ですが、栄養の偏りも不健康となってしまいます。
体には基礎代謝を上げる為のタンパク質も必要ですから、
お肉や豆類などからバランスよくタンパク質を摂取して
基礎代謝の基本である筋力を落とさない様に気をつけましょう。

当サイトおすすめのスムージーはこちら

トップへ戻る

リバウンドしないための解決方法

リバウンドをしないようにするためには、
まず食生活と生活習慣の見直しから始めるようにしましょう。

 

どんなに食事内容を変えたり、トレーニングを行っても
基本となる食生活や生活習慣が乱れていては、
リバウンドをしないどころかダイエットもままならなくなってしまいます。

 

そのうえで、自分の理想の体重を目標としてダイエット中の食事方法を見直したり、
ダイエットトレーニングを行う事がリバウンドをしない近道で健康的で安全な
解決方法となります。

 

また、リバウンドをしないためには、体のサイクルダイエットと睡眠の関係
知っておくとより痩せやすい体質となり、
リバウンドをしないダイエットの成功率が上がっていきます。

 

トップへ戻る

まとめ

リバウンドをしないための、大まかなまとめですが、
まず、ホメオスタシスの機能について注意として、
ダイエットを始めて停滞期に入っても1ヶ月は我慢して継続していき、
体重が安定するまでの3ヶ月間は頑張っていきましょう。

 

また、ホメオスタシスが機能しないように、
出来るだけ急激な減量は控えるようにしましょう。

 

ダイエットを中止する場合はレプチンの量が戻るまで1ヶ月ほどは
ダイエット中と同じ食事内容を継続し、
満腹感を得られる様にしてリバウンド対策をするようにしましょう。

 

リバウンドをしないためにも食事内容の見直しを行い、朝食はスムージーへ置き換えて、
自分の理想の体重を知ったうえで、トレーニングや食事方法によって
一日の摂取カロリーを消費カロリーが上回る様にしていきましょう。
また、基礎代謝が落ちない様に、タンパク質は摂る様に心がけることも大切です。

 

当サイトおすすめのスムージーはこちら

トップへ戻る

おすすめ関連サイト

短期間で痩せる美容と健康に効果的な酵素ダイエット
短期間で目標の日までに痩せたい方へ、おすすめの酵素ダイエットのサイトです。