断食はリバウンドしない方法として最適なのか!?

断食はリバウンドしない方法として最適なのか!?

リバウンドをしない方法として、断食が考えられる事がありますが、端的に説明すると断食はリバウンドしない方法に当てはめる事が難しいのです。

 

これは、断食による効果がリバウンドしない方法にはならないという事なのですが、断食はデトックス効果や体内酵素活用の向上などが目的となるダイエット方法になるからです。
もう少し詳しく説明をしますと、断食の方法はまず、半日〜3日間の食事を断ち、水分や最低限の栄養だけを摂るという方法なのですが、断食の最大の目的は「内臓を休ませること」にあります。
その為、食事をほぼ摂らずに内臓を休ませてリセットさせる事で、デトックス効果を促して、体内から毒素を排出していきます。

 

更に、体内にある消化に使うための酵素を節約して代謝に使う事で、免疫の向上やダイエット効果を狙う方法となります。

 

こうした事から、健康面やダイエット麺として考えれば、非常に有効な方法となるのですが、脂肪を増やさないためのリバウンドをしない方法には当てはまらないのです。
やはり、リバウンドをしない方法と考えると、日々の生活習慣や食生活による積み重ねが大きな予防方法となるので、コツコツと積み重ねていくようにしいていきましょう。