リバウンドしないダイエットの食事

リバウンドしないダイエット成功の秘訣は、食事と栄養バランスです。 | リバウンドしないためには、このダイエット方法が必要!!

リバウンドしないダイエット成功の秘訣は食事と栄養バランスです。

バランス

人が生きていくうえで必要な栄養として、三大栄養素と五大栄養素があります。
三大栄養素は糖質・タンパク質・脂質で、五大栄養素はビタミンとミネラルを三大栄養素にプラスしたものを言います。
ダイエット中にも、この栄養素は食事として必要となるのですが、摂り過ぎると太ってしまいます。
ここでは、ダイエット向きのバランスのとれた栄養の摂り方と食事方法を説明していきます。
三大栄養素のバランスを取った食事方法ですが、一般的な配分は、糖質=60%・タンパク質=15%・脂質=25%とされています。
しかし、ダイエット中の配分は、糖質=60%・タンパク質=25%・脂質=15%を基本配分として、そのほかの必要な栄養を食事から摂りつつ、リバウンドをしない様に、総エネルギー量を抑えた食事方法にしていきましょう。

食事における各栄養バランスと注意点

実際に食事の栄養バランスはどのようにしていくべきか?という事に注目して、ここでは、各栄養のバランスと注意点を説明していきます。

 

糖質

リバウンドをしないダイエットにおいて避けては通れない栄養素が糖質です。
ダイエットの方法によっては、糖質制限や炭水化物抜きダイエットなど、様々なアプローチ方法があります。
しかし糖質をあまり制限しすぎると、血糖調整がうまくできずに、低血糖を起こしてしまう事もあるので、一日の糖質の摂取量として最低でも100gは摂るように気をつけましょう。
また、カロリーの高い菓子類や糖分を多く含む果物や糖質を多く含むアルコール類やおつまみなどはカロリーオーバーをしやすく、リバウンドの原因となってしまうので食事とあわせて気をつけましょう。

 

タンパク質

ダイエット中に食事として一番摂取を怠ってはいえないのが、このタンパク質です。
タンパク質は基礎代謝の源となる筋肉を作る栄養分ですから、ダイエット中でもなるべく肉や魚、大豆製品から摂取するように気をつけましょう。
また、タンパク質を抜いてしまうと、倦怠感や脱力感を招く事になるので、食事内容に注意が必要です。

 

脂質

脂質はエネルギー量が多いので、リバウンドをしないためにもある程度の制限が必要になりますが、ビタミンA・D・E・Kの脂溶性ビタミンは脂質と一緒に吸収されるため、極端に制限をすると、骨粗鬆症や肌がカサカサになる原因となるので、食事内容に気をつけましょう。

 

ビタミンやミネラル、その他の栄養素

ビタミンやミネラルが不足すると、疲れやすい体になってしまいます。
ビタミンやミネラルは緑黄色野菜に入っているので、リバウンドをしない様に、食事は野菜を中心にたくさん補給していきましょう。
こうした栄養バランスのうえで食事内容を考える事によって、リバウンドをしないダイエットの成功へと繋がっていきます。
また、健康や美容面を考えても、栄養バランスのとれた食事は必要になりますので、毎日の食事を大切にしていきましょう。

 

リバウンドしないダイエット