リバウンドしない食生活

リバウンドしないためにも、食生活と生活習慣の改善が必要です | リバウンドしないためには、このダイエット方法が必要!!

リバウンドしないためにも食生活と生活習慣の改善が必要です

習慣

普段気にしていなかった食生活や生活習慣から太る原因や健康・美容を低下させてしまう事があります。
この食生活や生活習慣を改善する事により、痩せやすい体を作り、ダイエットを成功へ導く事ができます。
ここでは、リバウンドしないための食生活や生活習慣と改善点のポイントをいくつかご紹介致しますので、改善点が無いか、ぜひ確認してみてください。

 

 

食生活や生活習慣の改善ポイント@

 −朝食と夕食は軽め、昼食はしっかりとる−

 

朝食は、排泄の時間にあたるので、消化の良いスムージーや生ジュースなどで済ませましょう。
昼食は消化の時間なので、しっかりと食べて、栄養補給をしましょう。
また、基礎代謝が落ちない様に筋肉の素になる鶏肉などの肉類からタンパク質をたくさん摂りましょう。
夕飯は吸収の時間になるので、血糖値が上がりやすい炭水化物などのご飯や麺類は控えて、リバウンドをしないように、野菜中心の軽めの食事にしましょう。
また、夕食にタンパク質を摂る事もおすすめなので、肉類以外にも豆腐や納豆などの大豆製品や魚介類等も摂った食生活でリバウンド予防をしましょう。

 

>>「リバウンドしないためのスムージーランキング」へ

 

食生活や生活習慣の改善ポイントA

 −食事量は腹八分目に抑える−

 

最適な食生活として、摂取カロリーや消化される時間などの事を踏まえると、食事量は腹八分目の量が最適とされています。
さらに、バランスの良い食事メニューで、よく噛んで20分以上かけて食事をする事で満腹感と消化作用を最大限に発揮してリバウンド予防をする事ができます。
また、食事を始めて20分ほどしてから脳が満腹感を感じ始めますので、食べ過ぎによるカロリーオーバーを抑える事もできる様になります。
よく噛むとは、回数として一口20〜30回ほどが最適と言われています。

 

 

食生活や生活習慣の改善ポイントB

 −食事の食べる順番に気をつける−

 

良い食生活として、栄養バランスとダイエットに良いメニューを作ったとしても、食べる順番に気をつけないと、血糖値が上昇して太りやすい状態が続きリバウンドをしてしまいます。
痩せやすい体をつくり、ダイエットを成功させる為にも、食べる順番に気をつけて食事を摂る様にしましょう。
食事の順番は、生野菜・果物⇒酢の物などの発酵食品⇒食物繊維⇒タンパク質⇒炭水化物が基本とされています。
まずは、生野菜・果物を摂る事で酵素や食物繊維の補給を促し糖質の吸収を穏やかにさせます。
次に酢の物や発酵食品から乳酸菌を摂取して、海藻類やキノコ等や根菜類を食べます。
その後、肉類等のタンパク質を摂って、最後に糖質となる炭水化物を摂る事で、血糖値を緩やかにした太らない食べ方でリバウンド予防をしていきます。

 

 

食生活や生活習慣の改善ポイントC

 −夕食は20:00までに摂りましょう−

 

夕食がいつも20:00以降など、遅くなってしまうと新陳代謝がスムーズにできず、肥満や病気の原因となってしまいます。
仕事などで夜遅くになってしまう場合は、野菜を多めに摂る様にしたり、仕事の合間に間食として、おにぎりを1つ食べておくなど、夕食を2回に分けて食べるなどの工夫で食生活の改善をして、あまり食べ過ぎない様にしましょう。

 

 

食生活や生活習慣の改善ポイントD

 −炭水化物などの糖分はなるべく控える−

 

太りやすい一番の原因は「白米・パン・白砂糖」などの糖分と言われていて、リバウンドの原因とも言えます。
これらの食材は穀物の表皮を削って精製されているため、食物繊維やビタミン・ミネラルなどが削ぎ落とされて状態となっています。
そのため、糖分を速い速度で直接的に吸収して、血糖値の上昇速度も速く、脂肪を溜め込んでしまう元となります。
その為、食生活の基本として、糖分の摂り過ぎには注意をしましょう。

 

 

食生活や生活習慣の改善ポイントE

 −睡眠は遅くても夜0時までには眠る様にしましょう−

 

良い眠りは、夜22:00〜2:00頃までに深い眠りに入っていることが上げられます。
この時間帯は成長ホルモンが分泌されて代謝が上がり、老化を抑え美容やリバウンドをしないダイエットにも効果的と言われています。
人の最適な睡眠時間は6時間〜8時間と言われていますが、夜中の1:00から6時の睡眠をとっても成長ホルモンの分泌が少ない為、疲れが取れなかったり、ダイエット効果が減少して良い睡眠とは言えなくなってしまいます。

 

 

リバウンドしないダイエット