ダイエットリバウンドしないためには

リバウンドしないためには、体のサイクルを知りましょう。 | リバウンドしないためには、このダイエット方法が必要!!

リバウンドしないためには、体のサイクルを知りましょう。

時間帯

リバウンドしないダイエットを成功させるための方法の一つとして、体のサイクルについて説明していきます。
体には、「排泄」・「栄養補給と消化」・「吸収と代謝」による時間帯と1日のサイクルがあります。
この1日のサイクルに合わない生活をすると不摂生となり、リバウンドをしないように食事量を減らしてみたり運動をしてみても、なかなか痩せられなかったり、無理なダイエットで体調不良を招いてしまう事もあります。
リバウンドしないためにもこうしたサイクルに合う、生活習慣と食生活を実践していき、不摂生から抜け出しダイエットを成功させていきましょう。

リバウンドしないためには、「排泄の時間」を知りましょう。

「排泄の時間」は、朝4時〜昼12時まで。

この時間帯は、排泄にあたり、体の毒素を出し切る時間帯です。
その為、ここで消化に負担がかかる様なしっかりとした食事を摂ると排泄の邪魔をしてしまう為、控えましょう。
この時間帯は、朝食の時間帯となるので、消化に良いスムージーや生ジュースなどに置き換えて、栄養補給を促しましょう。
食べ過ぎない程度であれば、生野菜や果物を摂っても良いとされています。

リバウンドしないためには、「補給と消化の時間」を知りましょう。

「補給と消化の時間」は、昼12時〜夜20時まで。

朝起きてから、内臓が活発に動きだすのが、この時間帯です。
消化が良く、栄養もしっかり吸収できるので、この時間帯にリバウンドをしないためのダイエットの際にも忘れがちなタンパク質もしっかりと摂って、基礎代謝が落ちないようにきをつけましょう。
また、消化能力の高い時間帯なので、一日で一番多く食事を摂る時間帯です。
朝食や夕食よりも昼食が一番多くなるようにバランスよく食事をして
リバウンドをしないためのダイエットの成功へ繋げていきしましょう。

リバウンドしないためには、「吸収と代謝の時間」を知りましょう。

「吸収と代謝の時間」は、夜20時〜朝4時まで。

この時間帯は新陳代謝が活発になり、日中にとった食事の栄養を元に細胞を作りかえていきます。
この時間帯に食事を摂ると消化不良によって免疫力が下がったり、太りやすいカラダに陥ってリバウンドをしやすくなるので、気をつけましょう。
また、仕事の都合などで食事の時間が遅くなってしまう場合は、生野菜を多めにとって消化を促しリバウンドをしないように気をつけましょう。
こうしたリバウンドをしないための体のサイクルに注意をする事で、自然と生活習慣や食生活が改善されていき、ダイエットの成功へ近づく事ができる様になっていきます。
全てを完璧なサイクルにする事は難しい事もあるでしょうが、できる範囲でやってみても効果があるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

リバウンドしないダイエット