リバウンドしないカロリー計算

リバウンドしないために、カロリー計算で予防 | リバウンドしないためには、このダイエット方法が必要!!

リバウンドしないためにカロリー計算で予防

計算

私たちが毎日食事をしていくなかで、1日のカロリー計算を習慣づけることで、リバウンドの予防を促す方法があります。
一口にカロリー計算と言っても、食事から摂る摂取カロリーと、運動による消費カロリーが挙げられますが、まず必要なのは、1日のうちに摂取するべきカロリーの総量を計算しておくことです。

 

この一日の摂取カロリーの総量から、朝・昼・晩など毎食のカロリーを引いて、カロリーオーバーからくるリバウンドを防いでいきます。
このときの計算は、朝・昼・晩だけでななく、間食をしてしまった場合のカロリーも計算に入れておきます。
例えば、朝・昼と食事をして、その後に間食をした事でカロリーオーバーしそうな場合は、夕食のカロリーを抑るようにして、リバウンドの予防をしていくのです。
注意点としてじは、カロリーオーバーをしてしまった分を、翌日の摂取カロリーから引かない事です。

 

原則、当日の摂取カロリーは当日に反映され、カロリーオーバーの場合は、当日中に運動などをして摂り過ぎた分のカロリー消費しておくようにしましょう。
そうしなければ、毎日少しずつカロリーオーバーをして、リバウンドをしてしまう事になります。
また、1日まるまる断食をして摂取カロリーの帳尻を数字上合わせたとしても、脂肪は燃焼されず体重が増えてしまいます。
そのため、カロリーオーバー分は持ち越さずにその分、脂肪に変わり、リバウンドしてしまうと考えておきましょう。

 

リバウンドしないためにはカロリーオーバーに注意

カロリーオーバーをした場合、脂肪へと変わってリバウンドしまうので、運動による消費が必要になります。
ダイエットを実践していくうえで、基本的に運動を取り入れてのダイエットをしている場合は更に運動量を増やす必要が出てしまいます。

 

そのため、カロリーオーバー分の消費は難しくなり、一気に運動で消費しよとすると、リバウンド予防どころか怪我や故障の元となってしまう可能性があるので、オーバーワークとならないように気を付けておきまよう。
カロリーオーバーのため、いつも以上の運動量が必要となる場合は、数日間に分割して運動量を増やす様にする事で、無理のないカロリー消費ができるようになります。
この様に、カロリーオーバーをしてしまった場合は、リバウンドを気にしすぎずに少し工夫をして少しずつ消費していくようにしていきましょう。

 

リバウンドしないダイエット