スムージーの基本とポイント|リバウンドしないダイエット|スムージーで美容と健康補給

スムージーの基本とポイント

スムージー

スムージーとは、自然の素材をまるごと摂り込むことで、健康と美容に効果を発揮しキレイなカラダをつくるドリンクのことで、リバウンドをしない為にも効果を発揮してくれます。

 

本来のスムージーはシャーベット状のカクテルなど、楽しむドリンクを指しますが、最近では、生野菜やフルーツなどの健康的な食品をミキサーで混ぜ合わせ、リバウンドをしないようにすることはもちろん、
ダイエットや美容・健康を目的としたドリンクが指されるようになってきています。

 

このスムージーにはカラダを健康にする力とよりキレイな体にする力の源である、
ビタミンやミネラル、酵素などが豊富に含まれており、
不足がちな栄養補給によって代謝の向上に繋がって
リバウンドをしない太りにくい体
へと変化させてくれます。

 

トップへ戻る

スムージーの基本材料

スムージーを作る場合の基本的な材料は以下の内容です。

 

@.水
水分の多いフルーツで作る場合、水は不要ですが、
水分が少ない場合はミネラルウォーター等の良質な水を入れましょう。

 

A.緑の野菜
緑の野菜には、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれており、
抗酸化作用もあるので健康面やリバウンド予防だけでなく、
アンチエイジング効果にも期待できるので、ぜひ入れてみて下さい。

 

ただし、青臭さなどのクセもあるので、始めのうちは慣れるまでは、
緑の野菜は少なめにして徐々に割合を増やしていきましょう。

 

B.酸味フルーツ
レモンやライムが代表的ですが、そのほかにもキウイ・グレープフルーツなどの
取り入れやすいフルーツもあります。
また、酸味を加える事で味と栄養のバランスがよくなります。

 

C.甘味フルーツ
味のベースとなります。
バナナやリンゴが定番ですが、オレンジやパイナップルなどで
さわやかに仕上げる事もできます。

 

また、甘味のあるフルーツは入れ過ぎると糖質を摂り過ぎて太ってしまうので、
リバウンドをしないためにも、入れ過ぎに注意しましょう。

トップへ戻る

スムージーの材料比率

スムージーの効果とリバウンドをしないカラダ作りをするなら、
週ごとにフルーツと緑野菜の比率を変えていく
飽きずに痩せやすい体へとチェンジしていきます。

 

  • 1週目

フルーツ10:緑野菜0
または
フルーツ9:緑野菜1

 

1週目はフルーツをメインにして満腹感を得ると共に、
スムージーにカラダを慣れさせていいましょう。

 

  • 2週目

フルーツ6:緑野菜4

 

2週目は便通がよくなり始めると共に、
緑野菜を少しずつ増やして代謝をアップさせて
リバウンドをしないようにしていきます。

 

 

  • 3週目

フルーツ4:緑野菜6

 

3週目は緑野菜をメインにして、
リバウンドをしないダイエット効果とデトックス効果を最大限に引き出します。

 

トップへ戻る

スムージーの飲み方

朝起きたらまずは、水を一杯飲みんでから、
スムージーを朝食に置き換えて飲むようにしましょう。

 

スムージーの量は500mlが最適な量とされています。
また、間食をしがちな方や昼食とう夕食の間にどうしてもお腹が減ってしまったときなどは、
リバウンドをしないようにスムージーを飲みましょう。

 

スムージーは満腹感と消化作用が向上する様に、噛む様にゆっくりと飲みます。
また、食事と一緒に飲まずに栄養の吸収力を高める為、
冷やし過ぎに注意してスムージー単体で飲みましょう。

 

リバウンドをしないようにスムージーを飲む前後は40分ほどは
ほかの食べ物を口にしないようにしましょう。

 

当サイトおすすめのスムージーはこちら

トップへ戻る

 

 

トップページへ戻る