リバウンドしない食生活

この食生活がリバウンドしない!!

この食生活がリバウンドしない!!

食生活

リバウンドをしないためには、食事内容を改善する事も必要ですが、食生活を見直す事も必要です。
これは、食事内容をダイエット用にカロリーを落として改善したとしても時間や間隔などがすべてダイエット向きではない場合、体重が落ちづらくなったり、むしろ体重が増えてしまう場合も考えられるからです。
その為、ここでは食生活についての見直しを説明していきます。

 

ダイエット中の食生活はカロリーコントロールによって痩せていく様にする事ができます。
さらに食生活をうまく活用するためにも、時間帯から食生活を見直していきましょう。
人によって、食事回数が違う方がいると思いますが、ここでは一般的な一日3食の方法で説明していきます。

 

まず、朝食は軽めに済ませる。
これは、朝4:00〜昼12:00までが排泄の時間帯である事に理由があります。
この時間は排泄を促す事に体を使う方がダイエットやリバウンドをしない方法として有効的なので、水分を良く摂り、固形の食べ物は極力控えていく様にしていきましょう。
一定の栄養摂取を考えると朝食はスムージーにすると安定した食生活になります。

 

昼食は一日の中でたくさんの栄養を摂る様にしましょう。
ダイエット中の食事において、昼食は一番消化に適した時間帯となります。その為、一日のカロリー摂取内であれば一番多く食べて良い時間帯となります。
但し、食生活の改善としてカロリーオーバーにだけは注意が必要です。

 

夕食は時間によってメニューを変える。
これは、昼12:00〜夜20:00までが適していること理由です。
夜20:00までに夕食ができるのであれば、昼食ほどではありませんが、ある程度内容を気にせずに食べても良いのですが、夜20:00を過ぎていくと吸収や代謝の時間帯になっていくため、ここで食べるると負担がかかり太りやすくなってしまうので、食生活としては注意が必要です。
しかし、仕事などによって帰りが遅い場合もある事から、夜20:00以降になる場合は、野菜中心のサラダのみや、スープを中心にしたり、あるいはスムージーなどで済ませるといった方法が食生活として有効です。

 

この様になるべく糖質やカロリーを控えておく事によって、翌日の体の立ち上がりもスムーズになっていきますので、食生活の内容に注意をしていくようにしましょう。

 

リバウンドしないダイエット