この食べ方がリバウンドしない!!

この食べ方がリバウンドしない!!

マインチの食事の中で、食べる順番によって太りやすい、太りにくい順番があります。
これはリバウンドをしないための予防法になっていきますので説明していきます。

 

食べる順番の大きなポイントは、「糖質を最後に摂る事」です。
これは、食事をする場合に糖質を一番最初に摂ってしまうと、糖質から吸収される事により、血糖値が急上昇してインスリンが分泌されます。
このインスリンが、糖を分解して結果、体のエネルギーとして体内に運んでくれるのですが、使わないエネルギーは体の予備エネルギーとして脂肪に変えて蓄えていく機能も持っているのです。

 

その為、糖質から摂る事で、エネルギーの吸収が良く、消化しきれないエネルギーは脂肪に変わる為、太りやすくなってしまうという事なのです。

 

こうした事から、食事をする際は糖質を一番後にしていきます。
また、食事の順番において、最初に食べるものが吸収が良く、食べる順番が後になればなるほど、その吸収は悪くなる事から糖質を最後に摂る事が理論的ともいえるのです。

 

その為、食事の順番として、一番最初に耐えbるのは、サラダなどの生野菜から食べると良いとされています。
これは、ビタミンや食物繊維が豊富に吸収できて、ダイエット中の体の管理にも最適と言えるからです。
サラダの後に、副菜や汁物、主菜と続けていく事により、副菜は酵素補給に汁物はミネラル補給に、主菜はタンパク質の補給に最適で、糖質よりも先に摂取していきます。
そして、最後に糖質である主食を食べる事で、血糖値を緩やかに上昇させインスリンの分泌を抑える事で、脂肪をなるべくつけない様にする事ができるのです。

 

この食事の順番を守るだけでもリバウンドしないダイエット方法として充分に効果を発揮してくれると言えるでしょう。