リバウンド注意点

リバウンドしないための注意点 | リバウンドしないためには、このダイエット方法が必要!!

リバウンドしないための注意点

注意

リバウンドをしないための注意点として、摂取カロリーの超過が考えられますが、例えば、置き換え方法で朝食や間食をスムージーに置き換える場合は、レシピに注意が必要です。
グリーンスムージーは野菜中心で飲みづらさがありますが、果物を入れる事で飲みやすくなり、摂りすぎてしまうと栄養過多となり逆に太ってリバウンドをしてしまう事もあります。
そうした事から、スムージーなどへの置き換えは注意点の一つとなります。

 

また、置き換える場合は糖質の多い野菜は控える事が注意点の一つです。
例えば、スムージーに置き換える場合、基本は葉野菜を使う事ですが、
野菜を使う際に注意すべき点は糖質が多く含まれている人参、キャベツ、カボチャなどは消化にも時間がかかり、糖質の摂り過ぎになる恐れがあるので、入れ過ぎに注意が必要です。

 

スムージーをつくるのであれば、できるだけシンプルな葉野菜中心の材料に絞り込んで、吸収効率も考えて種類も多くなりすぎないことが注意点です。
ほかにも、注意点としてスープ類などへの置き換えも同じ様に、糖質が多い野菜には注意が必要です。
また、果物の入れ過ぎや食べ過ぎも注意点の一つです。。
果物は糖質が多く含まれているので、食べすぎたり、スムージーを飲みやすくする為に、果物を入れすぎると糖分の摂り過ぎとなり、野菜の栄養分の吸収も落ちてリバウンドの原因となってしまうので注意しましょう。
また、基礎代謝の減少にも注意しましょう。
ダイエット中の食事は肉などのタンパク質は適度に摂取するようにしましょう。

 

タンパク質の摂取によって、筋肉量が増え、基礎代謝が上がります。
基礎代謝が上がれば、エネルギー消費量も上がっていき、脂肪燃焼へと繋がってリバウンド予防になります。
この筋肉を作るのが、タンパク質なのですが、ダイエット中にタンパク質を摂取せずにいると
筋肉量が落ちて痩せにくくなり、体重が落ちなくなったり、ダイエットを中止した時のリバウンドの原因となります。
その為、ダイエット中でも必ず食事にはタンパク質を取り入れるように注意しましょう。

 

リバウンドしないダイエット