スムージーダイエットの注意点|リバウンドしないダイエット|スムージーで美容と健康補給

注意点

注意

 

スムージーが体に良いからと、摂りすぎてしまうと栄養過多となり逆に太って
リバウンドをしてしまう事もあります。

 

そうした事から、ここではリバウンドをしないためにもスムージーダイエットをする際の注意点を説明していきます。

 

 

トップへ戻る

糖質の多い野菜は控える

スムージーの基本は葉野菜を使う事ですが、
野菜を使う際に注意すべき点は糖質が多く含まれている人参、キャベツ、カボチャなどは
消化にも時間がかかり、糖質の摂り過ぎになる恐れがあるので、
リバウンドをしいないように入れ過ぎに注意しましょう。

 

スムージーをつくるときは、できるだけシンプルな葉野菜中心の材料に絞り込んで、
吸収効率も考えて種類も多くなりすぎない様に注意してリバウンド予防をしましょう。

 

トップへ戻る

果物の入れ過ぎに注意

果物は糖質が多く含まれているので、スムージーを飲みやすくする為、
果物をいれる事があります。

 

ですが、入れすぎると糖分の摂り過ぎとなり、
野菜の栄養分の吸収も落ちてリバウンドの原因となってしまうので注意しましょう。

 

野菜6:果物4くらいの割合がベストです。

 

トップへ戻る

他の食事と一緒にとらない

スムージーは空腹時に飲む事で最高の効力を発揮できますが、
スムージーを飲んだ後は40分ほどリバウンド予防のためにも
他の食べ物を口にしないように注意しましょう。

 

スムージーと一緒に食事をしてしますとスムージーの栄養が体に吸収しきれなくなって
リバウンドの原因だけでなく健康や美容効果も落ちてしまいます。

 

トップへ戻る

基礎代謝減少

 

ダイエット中の食事はリバウンドをしないように
肉などのタンパク質は適度に摂取するようにしましょう。

 

体には基礎代謝と新陳代謝がありますが、
何もしないでも自然とエネルギーを消費してくれる代謝を基礎代謝といいます。

 

この基礎代謝は、筋肉量が多いほど基礎代謝量が多くなるので
エネルギー消費量も上がっていき、
脂肪燃焼へと繋がってリバウンド予防になります。

 

この筋肉を作るのが、タンパク質なのですが、ダイエット中にタンパク質を摂取せずにいると
筋肉量が落ちて痩せにくくなり、体重が落ちなくなったり、
ダイエットを中止した時のリバウンドの原因となります。
その為、ダイエット中でも必ず食事にはタンパク質を取り入れましょう。

 

トップへ戻る

デトックス効果による好転反応

スムージーを始めると、デトックス効果によって体内の毒素が排出されていきます。
その為、吹き出物や鼻水、おならやゲップ、頭痛や吐き気・下痢などが続く場合があります。

 

これを好転反応といってカラダが健康体へとシフトチェンジしている状態なのですが、
あまりにも酷かったり、症状が続く様でしたら無理せずにスムージーのペースダウンをして、
飲む量を減らしましょう。

 

当サイトおすすめのスムージーはこちら

トップへ戻る

 

 

トップページへ戻る