リバウンドしないダイエットと運動

リバウンドしないダイエットでの運動はこうしていこう | リバウンドしないためには、このダイエット方法が必要!!

リバウンドしないダイエットでの運動はこうしていこう

運動

リバウンドをしないでダイエットを実践する際、適度な運動が脂肪燃焼へと繋がる為、運動は避けては通れない手段の一つです。しかし、急激な運動や過度な運動は体に害を及ぼすため、まずは、ある一定以上の運動にも耐えられる体作りから始めましょう。

 

ここでは、今まで運動をしていいなかった方の為の、リバウンドをしないダイエットの入門編として運動メニューを紹介していきます。

リバウンドしない運動方法

リバウンドをしない様にダイエットをするうえで、主な運動は大きく以下の3つに分けられます。

有酸素運動

20分程度の持続時間で、60〜70%くらいの力加減で行います。
これにより少しずつですが、着々とカロリーを消費し、筋持久力を鍛えて代謝を上げていきます。

筋肉トレーニング

種目により、10回程度を60〜70%くらいの力加減で2〜3セット行います。
主に瞬発的な筋力をアップさせて、体の基礎代謝を高めていくための運動です。

ストレッチ

体の柔軟性と共に、筋肉の反動によって筋力を一緒に鍛えていく運度です。

リバウンドしないための有酸素運動

手頃に始められる有酸素運動は、ウォーキングとランニングです。
ランニングをあまりやった事のない方は、まずはウォーキングから始めましょう。
有酸素運動によって長時間、身体を動かす持久力を養う事ができます。

 

ウォーキング

 

ランニング

リバウンドしないための筋トレ

筋肉は多い方が基礎代謝が高いので、リバウンドをしない身体に近づけますが、運動能力が低いときに筋肉トレーニングを急激に始めると、関節を痛めてしまいます。
そのため、初めは1種目あたり7回〜10回を3セットずつ行う様にして慣れてきたら、1セットあたりの回数を増やしていきましょう。

 

腕立て伏せ

 

腹筋

 

背筋

 

スクワット

リバウンドしないためのストレッチ

ストレッチは運動前や運動後に行う事で、怪我や疲労蓄積を予防します。
また、ゆくっくりを呼吸をする事でリラックス効果もあり、リバウンドをしないためのストレス解消にもつながる運動です。

 

首のストレッチ

 

肩のストレッチ

 

背なかのストレッチ

 

腰のストレッチ

 

下半身のストレッチ

リバウンドをしないダイエットを実践するためにも、まずは、こういった運動を週3回くらいから少しずつ始めていきましょう。
トレーニングを行い、全身の筋肉量が向上する事で、基礎代謝が高まりリバウンドしない痩せやすい体へと変化させる事ができます。
但し、オーバーワークになるような、過度なと運動をすると、怪我などで、身体を故障させてしまって暫く運動ができなくなり、
リバウンドをしないどころか、ダイエットを中止せざるを得ない場合も考えられます。
ダイエットを実践していく為にも、無理はしないように気をつけましょう。

 

リバウンドしないダイエット