夕食抜きのダイエットはリバウンドをしない方法として最適!?

夕食抜きのダイエットはリバウンドをしない方法として最適!?

私たちの1日の生活の中で必要な食事回数は、3食というのが一般的です。
しかし、ダイエットを始めるとカロリー計算の結果から食事量を今までよりも減らそうとして、食事を抜いてダイエットをしてる方も多くいます。

 

実際には、夕食を抜いたり、昼食を極端に減らしたりという事があります。
例えば、1食抜くとなると、活動をあまりしなくなる夕食を抜くという事が多いうようですが、実際に夕食を抜くとリバウンドしない方法として最適なのか?
という事が疑問になります。

 

これは、結論から言うとリバウンドをする可能性があるのと、太りやすい体質になる可能性があります。

 

基本的に人の体はエネルギーを使えば、欲する様になっていきます。
例えば、朝ごはんを食べて、活動していくと昼頃にエネルギーを欲してお腹が空いてくるという具合です。
例えば、ダイエットだからと食欲が出ているのに、食事を抜いたとします。
ここまでは、カロリーの摂取をしていないので、脂肪が燃焼されるかもしれませんが、いずれは食事をしなければいけません。

 

そして、次の食事を摂ります。この時に今まで食事を抜いていた事もあり、私たちの体は次にまた食事がとれるか分からないため生命維持に反応して、いつもよりも多くエネルギーを吸収しておこうとします。
これが、太りやすい体質になる原因なのですが、食事を抜く事で、次の食事のときにまた食事を抜かれる可能性があるために脂肪を溜めて餓死しないようにしようとするのです。

 

これは、安定的に毎回食事をしていれば、体はそういった反応をしないのですが、食事を抜く事で、太りやすい体質やリバウンドをしてしまう事になるのです。

 

このため、食事は抜かない様にして、カロリーを考えるのであれば、スムージーなどに置き換えて食事は定期的に摂る様にしておきましょう。